CONTAX AEJ AEG MMJ MMG について

コン

どうも、遠藤です。

 

今回は、CONTAXの商品について少し解説します。

読みは、コンタックス、です。

 

CONTAXは、カメラ、レンズ用品を扱うメーカーです。

カメラ好きの人ならもちろんご存知かとは思いますが、

カメラ転売を開始したばかりの2年4ヶ月前の私には分かりませんでした。

 

コンタックスは、ドイツツァイス・イコンのレンジファインダーカメラのブランドと、

カール・ツァイスと日本のカメラメーカーヤシカとの共同事業として、

1975年に販売が開始されたカメラのブランドです。

 

コンタックスは、非常に人気のブランドで

今でも高値で売れます。

日本でももちろん売れますが、海外でも人気が高いです。

 

しかし、いまコンタックスブランドは休眠しており、製造販売はされておりません。

ですから、新品で店頭で購入することができないために、

中古商品を購入するしか、入手する手段はございません。

 

また、アフターサポートは2015年4月30日の受付をもって補修サービスを終了したとのこと。

 

 

そんな、いまでも人気の高いコンタックスですが

全く同じ名前のレンズでも、種類が4つもあるのです。

 

これは非常に珍しく、おそらくコンタックスだけかと思います。

その4種類をいまから解説していきます。

 

 

こん

まずはこちらです↑

 

「22」の数字のところが緑色をしているのが分かるかと思います。

こちらの商品の名前は、【CONTAX Planar T* f/2 100mm MMJ】です。

 

どういう事かといいますと、緑色に染まっている場合はMM

というアルファベットが付きます。

そのあとの【J】というのは、Made in Japanという意味です。

 

じゃ

こちらはF値などは違うコンタックスのレンズですが、

Made in Japanと書かれているのが確認できるかと思います。

 

これはもし、【22】は緑色でMade in West Germanyか Made in Germanyと書いているレンズならば、

【CONTAX Planar T* f/2 100mm MMG】という種類のレンズになります。

 

 

が

↑こういったものが、【MMG】レンズです。

 

 

 

 

ひ

 

先程は、右のように緑色に染まっているレンズを紹介しましたが

今度は写真左側のレンズのように、白色に染まっているレンズです。

 

緑は【MM】でしたが、白は【AE】という呼び名になります。

 

 

つまり、白色のMade in Japanであれば、AEJ

白色のMade in West Germanyか Made in Germanyであれば、

AEGという呼び名です。

 

 

 

つまり、同じ種類のレンズであっても、いまのような違いがあれば、

 

【CONTAX Planar T* f/2 100mm MMJ】

【CONTAX Planar T* f/2 100mm MMG】

【CONTAX Planar T* f/2 100mm AEJ】

【CONTAX Planar T* f/2 100mm AEG】

 

という4種類のレンズがある、ということになります。

 

 

もちろん、これによって多少の価値の差も出てきますから

販売するときには注意して間違わないように気をつけなければなりません。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA