9ヶ月振りに動画を作りました。

どうも、遠藤です。

山形は今日は雨です。

やっと春らしい天気になってきましたが、雪は山のように残っています(笑)

IMG_5767[1]

 

 

写真はいま私の部屋から撮った、外の景色です(笑)

ど田舎丸出し(笑)

モヤがかかっているのは、ケータイのカメラ機能がイカレテいるのではなく

単純に霧深いからです。

田舎だと?霧深いのは結構見る景色ですが、建物の多い都会に行くと

こんなに霧深いのは

なかなかない景色なのかも分かりません。

 

ということで、今日も田舎でブログを書いています。

 

 

ビジネスをするなら、やはり東京の様な大都市が有利かもしれません。

しかし、私は山形からの発信、ビジネス、を続けています。

 

TVでニュースを見ていても、東京を中心にしたニュースや

トレンドやグルメを紹介する番組を見ても、ほとんどが大都市の情報です。

わざわざ全国放送で山形まで撮りに来てTVで流す、というのは

そう頻繁にあるものではありません。需要と供給の問題で当然ですが(笑)

 

 

東京都の人口を調べると、約13,300,000人だそうです。

日本の人口はというと、127,000,000人

 

 

当たり前ですが、東京に住んでいる人よりも

その他の46道府県に住んでいる人たちの方が圧倒的に多いわけです。

 

私は、ひとりでビジネスを始めていくときに不安だったことがいくつかあります。

 

 

その一つに、いま住んでいるこの場所でビジネスを展開していくことは可能なのか?

ということです。

 

 

その当時は会社員でしたし、個人でビジネスを展開できることは分かっても、

じゃあ会社を今すぐ辞めて、東京に出ていってビジネスをする!!

という覚悟まではできませんでした。

 

そこまで決断をして、全く違う環境に飛び込むことは相当な勇気がいることです。

逆にそれだけの勇気があれば成功はしてしまいそうですが・・・

 

 

ということで、私の場合は

いま住んでいるこの場所で、副業で、稼ぐことはできるのか?ということでした。

そして、もしここ山形で成果を出すことが出来れば、その他大勢の方々、

同じような境遇にある人たちに、勇気を与えることが出来ると思ったのです。

 

 

そうして、副業からビジネスを開始して成果を出し、

約5ヶ月で脱サラすることが出来ました。

そうしていまでも山形で継続してビジネスを展開できています。

 

これは小さなことかもしれませんが、一つの指針を示すことが出来たのではないかな

と思っています。

 

 

「場所はどこにいても稼ぐことは可能です!」

 

と言っている人は多いですが

しかし、そういう人たちの拠点の多くは、東京や大阪な気がします(笑)
(もちろん批判はしていません。私もいづれ、東京とかに出るかもしれませんし(笑))

 

実際に私は、

家から一番近いコンビニまで5キロ、雪は毎年2メートルは積る

ここ、山形にいて達成できました。

この事実伝えることによって、勇気を与えることが出来たら最高だと思い

キーボードを叩いています。

 

 

 

 

 

久しぶりに一般公開の動画を撮ったので、紹介します。

最近でも、コンサル生に向けての一般公開の動画は増え続けていましたが、

一般公開は9ヶ月振りのようです(笑)

 

思ったよりも長く休んでいたようです。

 

「遠藤さんの動画見たいんですが、公開予定はないんですかー?」

という声を数名の方々からいただいていました(^^)

非常にうれしい限りですm(__)m

 

あまりしゃべりは上手くないのですが、みなさんの参考になればと思っています。

動画説明欄の内容はこれです。

--------------------------------------

https://www.lifemile.jp/new/invite.cgi?U=4IUkYi0cAnJXt6V
こちらのURLをクリックして登録をして使っていってください(^^)
完全に無料で利用できて、私は毎月約5万円分のポイントがたまっています。

--------------------------------------

 

一応こちらにも貼っておきますね。

 

カメラ転売に取り組んでいない方でも、かなり役に立つ情報なので

是非活用してみてください。

 

ヤフオクや楽天市場で売ったり買ったりするときに

ポイントが貯まるよー、というものです。

 

完全無料ですし、登録して使わない理由がないです。

 

 

という感じで、これからも有益な動画と情報を発信していけるようにがんばりますm(__)m

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

遠藤貴俊

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA