23万円も損をしてヘコんでます。

金

どうも、遠藤です。

 

先日、カメラを仕入れに店舗に行ってきました。

結果的には5個仕入れることが出来まして、合計の仕入れ値は33,760円です。

 

これを全部販売したとして、合計の売値予想は90,000円になります。

これは現在の商品相場と照らしあわせて計算した予想です。

 

結果的に考えると、かなりいい仕入れになりました。

単純計算、売値90,000円-33,760円=56,240円

が粗利益になります。

 

なんとか、1ヶ月の収入から30,000円を捻出することができ、

それを仕入れに回すことができれば、約3倍に増やすことが可能です。

 

 

私は、仕入れだけのために出かける、ということはあまりしません。

出かけたついでに仕入れもしてくる、ということがほとんどです。

 

 

ついで仕入れ、で利益が出すことが可能ですから

私のように専門的にカメラ転売に取り組んでいなくても、

副業で、空き時間を利用してサクッと稼ぐ!ということも可能になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

そして、今回はもうひとつ有益な情報をお伝えします。

 

 

買い物をするときに、ほとんどのみなさんは

日本銀行券を使っていると思うのです。

冊

 

これですね。

 

しかし、こればっかりで買い物をするのは非常にもったいないのです。

10,000円の商品に10,000円を出して買っていますよね?

 

当たり前だろ!と思われるかもしれませんが、それが非常にもったいないのです。

 

 

10,000円の商品を9,800円で買うことができれば、200円お得ですよね?

1,000,000円の商品を980,000円で買うことができれば20,000円お得になってしまいます。

 

実はその方法があるのです。

そして、その方法をいまからお教えします、ので

是非活用してください!

 

 

使うものはこれです。

ギフト

 

 

そうです、ギフトカードです。

 

しかし、1,000円のギフトカードを1,000円で買って使っても意味がありません。

街の金券ショップなどで割引されているものを買って、利用できるお店で使います。

 

例えば、1,000円のギフトカードが98%の値段、つまり980円で買うことができたりします。

ということは、その時点で20円特していることになります。

たったの20円??と思ってはいけません。

ちりも積もれば山となります。

 

 

私はカメラ転売を初めてから、この情報に出会うまでは

普通に日本銀行券で仕入れをしていました。

その額はなんと11,460,123円です(笑)

しっかりと1円単位まで計算しました。

 

では、11,460,123円を仮に98%で計算してみると?

11,230,920円

 

つまり、229,203円の差額になります。

私はこのことを知らなかったために、約23万円も損をしていたことになります。

非常に残念です(笑)

 

 

しかし、もうこのことを知ってしまっているので、いまはギフトカードを使って

なるべく買い物をしています。

 

例えば、1家族の1ヶ月の食費がおおよそ7万円かかっていたとします。

1年間では840,000円にもなります。

この食品分の買い物を、日本銀行券からギフトカードに変えると

年間16,800円浮く計算になります。

 

食費だけに今回は例えましたが、あらゆる買い物をギフトカードですれば

もっともっと節約に繋がります。

ですからこれは必ずしも、カメラを店舗で仕入れる人用のネタではなく

生きている人全員に役立つ情報になっています。

 

是非活用して行きましょう。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA