2015年一発目

フジ

 

こんばんは、遠藤です。

あけましておめでとうございます(遅い)

 

新年一発目の記事が20日になってしまいました。

先月の24日から更新していなかったので、ほぼ1ヶ月振りということになりますね。

 

 

年末年始のカメラ転売の状況を振り返ってみると「よく売れた」というのが感想です。

普段は「売れる!売れる!」というような感覚にはほとんどならないのですが、

それでも月収50万円くらいは、カメラ転売でいきますが、

本当に今回は売れた、と強く思います。

 

では、その前の年の年末年始はどうだったかというと・・・

 

その時は、出品形態として

ほぼ、1円スタートから商品を出品していました。

しかし、いまはそれと少し状況が違っていて、もちろん1円スタートからでも商品出品を行いますが、

「定額置き」も多く用いています。

 

もちろん、どちらにもメリット・デメリットはございますが、

定額置き、の最大のメリットは

「ほっておいて勝手に売れていき、大きな利益を取れる」というところだと思います。

しかし、定額で商品をいくつも置いておく、となると

それなりに資金力も必要になります。

1個あたり、5,000円10,000円という商品はザラにあるからです。

 

私は稼ぎ始めた当初、まだサラリーマンで副業でやっていた時代ですが、

利益が出た金額を、カメラ転売に再投資するのではなく

他のことに投資してしまっていたために、カメラ転売の資金面の拡大には繋がらずに

苦労していたと思います。

 

もちろん、小資金から始められることは間違いないですし

即金性もあり、早く結果の出せるビジネスです。

しかし、より深くカメラ転売を考えれば、

収入があったお金をカメラ転売に再投資し、さらに事業を拡大できれば

楽になりますし、ビジネスの幅も広がっていきます。

 

 

 

超

 

 

12月14日の記事で、

「久しぶりに、高額なレンズを仕入れてしまいました。

ウン十万するレンズです。」

 

と言っていましたが、売れました。

利益で、12万円弱です。ヤフオクから引かれる手数料を引いて、このくらいです。

1個販売して、利益12万円です。

 

1個販売して利益10万円以上を稼いだことは、過去に数個です。

これは本当にラッキーというか、年に一回くらいで、

2014年がんばったボーナス、という意味でありがたかったです。

 

毎日がんばっていれば、たまにはこんなボーナスもあってもいいのかと思います。

 

単価が数十万円とかになってくると、仕入れる際に恐怖心とかも生まれてはきます。

その気持ちはよく分かります。現に私も今回のは少しだけ怖かったです(笑)

しかし、利益が出るであろうという裏付けがあったので仕入れました。

それらは「全て」オークファンに載っています。

本当にすべて載っていますし、ヤフオクとの照らし合わせです。

 

そんなこんなで、2015年も突っ走っていきたいと思います。

早いもので、起業させていただいた会社の1期目もそろそろ終わります。

たぶん、常に今の状況が一番最悪、と思っています。

常に常に、昨日より今日、今日より明日、成長し飛躍と前進を感じながら

前を向いて歩んでいきたいものです。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

遠藤貴俊

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA