1商品売って15万円稼ぐ方法

どうも、遠藤です。

 

 

こちらはカメラ転売のブログですから、

しっかりとカメラ転売の中身について触れていかないといけませんね。

 

突然ですが、私はカメラのレンズを1本売って15万円強の利益を出したことがあります。

 

仕入れ値が130,000円弱、これが300,000円で売れました。

ヤフオクの落札手数料5.25パーセント(当時)を差し引いて、

利益が15万円強が出ました。

 

カメラ、レンズというカテゴリは非常に恐ろしいものだと感じます。

では、なぜこんなにも高い値段で売れ、こんなにも利益が出たのかを暴露したいと思います。

 

 

まず、この商品を仕入れたところから説明しますと、

これは普通にガラスケースに入ってお店で販売しているものでした。

 

品名と値段をなんとなく照らし合わせたときに、ん?安くね?と思いました。

ここでオークファンを使って検索をかけたところ、やはり安かったんですね。

 

 

まあ、3万円くらいの利益が取れそうだな、ラッキーという感じでした。

 

 

そこで、商品をしっかり見たかったので、

店員さんに頼んでガラスケースから出してもらいました。

 

カウンターの方に商品を移動しじっくり見ていると、ん?と思いました。

 

 

プライスカードに表記してある商品名よりも、

ワンランク新しい型の商品の様な気がしたからです。

店員さんに確認を取ったところ、やはり私の見解は合っていました。

 

 

そこでオークファンでもう一度正しい品名で検索したところ、

5万円くらいの利益が取れそうなことに気づき当然即買いしました。(笑)

 

 

次に出品です。

 

商品写真は当然自分で撮影しますから、

商品をよく見て、しっかり汚れなどを拭いてあげていますが

商品が思いのほかキレイだということに気が付きました。

 

 

しかも現在では生産されていない商品でこれだけのキレイさという事で

非常に希少な商品であることを実感しました。

 

 

ですから私はもちろん、商品写真をできるだけキレイに撮ることを心掛け、

商品説明文でも褒めちぎりました。

 

 

そして落札日当日。

 

まあ19万円くらいいけばいいかと思っていましたが、終了時間が近づくにつれてどんどん値段が上がります。

 

 

落札時間、1時間を切ると、21万、22万、23万とどんどん値段が上がっていきます。

すると、落札時間にまだ到達していないのにその商品がヤフオクから消えました。

 

 

そうです、即決に設定していた30万円で売れてしまいました。

 

 

落札していただいた方に連絡を取ってみると、

どうもその方はマニアの方だったらしく競っていくのが面倒になったのか、即決で落札をしてくれたようでした。

 

 

この様にカメラ、レンズはマニア層も非常に多く、ある程度価格を気にしないで買っていくお客さんもたくさんいます。

 

 

この様にして私は、1商品で15万円強の利益を得ることが出来ました。

ですが、この様な商品はそうそうありません。

 

一気に15万円を稼ぐには、十数万円の商品を購入しなければなりませんが、

 

1商品を販売して、5,000円、10,000円の利益を得るには、そこまで単価を上げなくても達成可能です。

 

3,000円の商品が13,000円で売れた経験もありますから。

 

 

ここで私が言いたいのは、15万円を1商品で得た自慢話ではなく、

行動した、ということです。

 

 

店に足を運んだこと、商品を手に取ってみ見たこと、自分でリサーチしてみたこと

店員さんに問い合わせてみたこと、単価の高い商品を購入したこと。

商品をキレイに撮影したこと、商品をよく調べたこと・・・など

 

 

これらの事が全て重なった結果、この様なことに繋がったということです。

 

 

なんでもいいです、ちょっとした小さなことでも、

アクションを起こしてみることをお勧めします。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA