驚愕の費用・・・

旋盤

どうも、遠藤です。

 

「ビジネス」を展開していくにあたって必ず、初期投資が必要になります。

 

その初期投資額が格段に少ないのがカメラ転売のメリットであり、デメリットです。

では、初期投資はどれくらいかかるのか?できるだけ具体的にお話しします。

 

 

 

まずは用意する道具です。

 

・商品撮影用の「カメラ、レンズ、その他機材」⇒約30,000円

こちらは一度用意してしまえばずっと使っていくことができます。

 

 

続いて、固定費。

 

・ヤフオク使用料金⇒540円

 

・オークファン使用料金⇒約1,000円

 

・箱詰め用の段ボール、1枚あたり⇒41円

月に100個配送するとして、4,100円

 

・エアダスター1本⇒600円

月に2本消費するとして、1,200円

 

 

以上です。

 

まず用意しなければならない機材で30,000円。

こちらは壊れない限り、使いつ続けることができます。

 

そして毎月かかってくる固定費がおおよそ7,500円です。

 

つまりカメラ転売は毎月10,000円にも満たない固定費でビジネスを展開していくことができます。

 

粗利益で出た分から毎月引かなければならない固定費は10,000円弱です。

ここまで固定費のかからないビジネスはかなり限られます。

 

 

例えば店舗を構えたり大型の機材を搬入したりトラックを用意したりと、ほとんどのビジネスは、数千万円、数億円単位での初期投資と固定費が必要です。

 

個人で何も実績もない状態でビジネスを始めるとすれば大きなリスクがかかってきます。

 

しかし、カメラ転売の場合初期投資は大きく見積もっても50,000円。

固定費は10,000円以下です。

 

非常にリスクも低く、簡単に始めることができるビジネスです。

 

しかし、デメリットも存在します。

投資額が低すぎるゆえのデメリットです。

 

それは、「簡単に始めることができる」ということは「簡単にやめることもできる」ということです。

 

私は先ほどから何度も「ビジネス」「ビジネス」と申し上げています。

もちろんこれだけ固定費もかからず店舗を構えなくともしっかりとした「ビジネス」です。

 

 

数億円の初期投資をして始めたビジネスと数万円の初期投資で始めたビジネス。

かけた金額は違えど、そこにかける情熱は違ってはいけません。

 

 

仮に、数億円のビジネスの初月の売り上げが悪かったとしましょう。

1ヶ月でそのビジネスをたたむでしょうか?なんとか2ヶ月目に取り戻そうと、改善と努力をするはずです。

 

その気持ちに負けない気持ちでカメラ転売にも取り組む。

本気で取り組めば、投資額に見合わない大きな収穫が得られるに間違いありません。

 

 

 

人気

 

こちら、かなり人気の高い機種です。

 

人気度合などは何度も販売していくことで分かってきます。

これはどんどん売れていきます。

 

そういう商品をいくつか頭にストックしておくことによって

より、カメラ転売の幅を広げることができます。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA