走行距離とシャッター回数の関係

ゲレンデ

 

どうも、遠藤です。

 

現在、家に大量のカメラとレンズがあります。

今日は7時起床で8時間くらい出品作業をしていましたが、まだ少し残っています。

私にとっては、これだけ商品があることは非常にうれしいです。

やはり、仕事がないことが一番辛いと感じます。

 

 

そんな中、今月はもう仕入れ個数が200個に届きそうです。

 

正直、前まで取り組んでいた時にはこんなに多くの個数を仕入れたことがなかったので、やはりカメラ転売実践者が減少しているのだと思います。

 

一方で、ヤフオク市場に出品されるカメラの数量は上下はしていません。

ですから多くの商品を仕入れられることに繋がっています。

 

 

「カメラのシャッター回数について」

もちろん仕入れたカメラ、レンズはより高値で売れることを望みます。

高値で売れるためのテクニックや理由は数多くあるのですが、今回はその中でも、カメラのシャッター回数について解説します。

 

 

例えば中古車を選ぶときに「走行距離」を気にすると思います。

1万キロの新車同然のものもあれば、それなりに走行した5万キロ前後の車

大抵の車では廃車目前15万キロなど。

 

走っている距離が長いほど、その車の値段は下がっていきます。

カメラも一緒で、シャッターを切った回数が少なければ少ないほど新品に近いほど高値が付きます。

 

大体1万回未満であれば、タイトルに記載してアピールすべきでしょう。

3,000回未満であればかなり新品に近いものですから大きくアピールしましょう。

 

そんな中で、今日出品していた商品に1,000回を切るシャッター回数の商品がありました。

正直、テンションが上がりました(笑)

 

こればかりは、仕入れてみないと確認できませんのでほぼ運任せになります。

しかもその商品はシャッター回数によって大きく値段が変化するものだったので非常にラッキーでした。

 

いま言ったように、あまり影響の機種と大きく影響の受ける機種があります。

そういうところにも興味を持ちながらカメラ転売に取り組んでいくと

より楽しむことができます。

 

写真

 

非常にキレイな商品写真ですね。

 

この様に光学系を光らせることによって、見栄えがよくなり必然的に高値で売れていくことに繋がります。

 

お読みいただきありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA