資金2万円から始められる??カメラ転売

可能性

 

こんばんは、遠藤です。

 

毎週、私のコンサル生の方には報告シートを提出してもらうようにお願いしています。

 

理由は2つあります。

 

1つ目、

 

どんな商品をいくらで仕入れて、いくらで売れたのか、その週の販売個数はいくらなのか、

などを私が把握するためです。

把握できれば、その人に対して的確な対応ができます。

また、なにが得意なのか、不得意なのかも知れますから、次に生かすことができます。

 

2つ目、行動するための原動力になる、ということです。

 

これは非常に大きいです。

というのは、もちろん毎週出すように私が促していますら、出さなくてはいけません。

ところが、毎週出すには、毎回商品を仕入れて売る、ということをしなくては

その週に1つも仕入れて売っていないようでは、提出できません。

 

そういう意味も、この報告シートには含まれています。

 

そういう理由から、報告シートを提出してもらっています。

 

そんな中で、本日、先週分までの報告をいただきました。

この方は長らく報告シートは提出していませんでした。

しかしながら、ちょくちょく連絡はいただいていて、それで利益が出ていることは知っていました。

で、今日報告シートを拝見したんですが、驚きました。

 

これまでに51個販売して、利益は10万円を超えていました。利益率は20%

 

で、この方なんですが、20歳の学生さんなんです。

で、聞いたら初期資金は2万円だそうです(笑)

 

そういう状態からスタートして、この結果をたたきだしてしまったんですね。

本当に素晴らしいことです。

 

カメラ転売は、本当に小資金で始めていけるビジネスであることを

常々言っていますが、この方もまた、証明してくれることに繋がりました。

 

しかも、もちろんカメラの知識もない、オークションもほとんどやったことがない状態からです。

本当に可能性の大きいビジネスであることを、日々感じずにはいられません。

 

ウイング

 

私はカメラ転売をスタートする前に、ちょっとだけヤフオク販売をスタートしました。

何を売り始めたかというと「不要品」です。

 

使わなくなった家電、まんが本、ゲームなどを売りました。

そして、自分の家にあるものをある程度売り切ってしまったら、今度は代理販売を始めました。

 

例えば、友達からいらないものを預かってきて、代わりに売ってあげる。

こちらは販売してあげる能力がある。

友達にはない。

 

こちらには物がない。

友達にはある。

 

こういうことでお互いの関係が保て、両方がWin‐Winの関係になれます。

例えば、利益が出て分はせっぱん。などそれは2人のやりようです。

 

画像にあるものは、車のウイングです。

これも友達から預かったものでした。

ですから当然、仕入れ値は0円。

ですから、リスクが全くないわけです。

 

そして2万円強で売れてしまいました。

2人で1万円ずつ分け合いバンザイ\(^o^)/

 

という感じです。

 

特に資金がない方、厳しい方、家にものがあふれている方は

絶対に取り組むべきです。

 

そこら辺の中古屋さんに売ったところで、ヤフオクで売れる、2割くらいの値段しかつきません。

 

是非試してみてください。

 

 

ありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA