経験の重みを感じながら・・・

重み

 

どうも、遠藤です。

 

私がカメラ転売を始めていくときに、一番最初に指導されたことは「利益、損益トントンでいいからまずは80個販売すること」ということでした。

 

個数にして80個というと大体素人が0からはじめても2ヶ月くらいはかかるくらい多い個数です。

 

 

2ヶ月やっても±0の収支だったらやる気をなくしてしまう、という人も多いかもしれません。

しかし私はその言葉を言われたときに「分かった、やってやる」と思いました。

 

なぜそう素直に思えたかというと私はその当時「なにがなんでも結果を出したい」と強く思っていたからです。

 

別に楽してやってみて稼げたらいいな♪

みたいなのはありませんでした。

 

もちろん辛いよりは楽な方がいいかもしれません。しかし本当の最初の最初から「楽」ということはこの世に存在しないのです。

 

いま楽して結果を出してるよーという場合でもそれまでの過程経験があっての「いま」なはずです。

 

そうして私は1ヶ月目で56個の商品を販売しました。おかげさまで、利益も出たので結果としても良かったわけですが同じカメラ転売に取り組んでおられる方は、50個販売するところまでは、数千円の赤字だったそうです。

 

しかしそのくらいから利益が出るようになり100個販売して20万円の利益が出たそうです。

理屈ではなく、まず初めはこれくらいの行動と経験が必要であると思います。

 

私は野球が好きですし、例えやすいので野球に置き換えますが野球はじめたての少年にいくら口でヒットの打ち方を説明して私がスイングして見せて教えても、その少年が打席でヒットを打つのは困難なように思います。

 

 

まずは理屈ではなくとにかくバットを持って何本も何百本も何千本もスイングをすることが、ヒットを打つための最短ルートです。

そうすればスイングが形になりヒット性の打球が飛ぶようになります。

 

そうしてある程度の打球を打てるようになり、自分のスイングを「感覚」で感じられるようになって初めて指導というものが理解できてくると感じます。

 

そうすれば本人もどこを修正すればいいか分かりますし成長も加速します。

これはカメラ転売にも同じことが言えます。

 

まずは50個80個販売する。

その過程を踏めば必ず何か感じることはあるし、仕入れ販売などの各スキルが格段に上がります。

 

そのあとでさらに指導を仰ぐことでもっともっと成長は加速します。

 

抽象的な話であったかもしれませんがこれは野球やカメラに限らずほとんどすべての事柄に応用できる心意気です。

 

是非、この心意気を多方面に活用してみてください。

 

 

 

 

市

 

私の大好きなイチロー選手です。

 

彼は今シーズンはマーリンズでプレーすることが決まったそうです。

彼の夢は、50歳で現役ばりばりでプレーしたいということだそうです。

2017年の今年は43歳の年ですから50歳ということは2024年になってしまいます。

 

イチロー選手は何歳から野球をやっているでしょう?3歳くらいでしょうか?

 

いま現在でも、野球歴は40年くらいということになります。

 

世間はイチロー選手のことを天才と称賛します。

しかしその裏には相当な困難や苦痛があったはずです。しかしそれでもこの長い間野球を継続してきました。

 

4000本安打を打った時のイチロー選手のコメントです。

4000回安打を打つためには
8000回以上も悔しい想いをした。

それとも向き合ってきた。
誇れるとしたらそこではないか。

 

そう言っています。

また野球をまだ続ける理由に関してはまだ苦しみが足りない、というコメントも残しています。

 

華々しい成績の裏ではたくさんのこういう思いと戦っていることを感じます。まだまだ、私もたくさん苦しい思いをしながら自分を飛躍させていければと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA