決断して突き進んでいく

決める

どうも、遠藤です。

 

人生は決断の連続です。

私達は毎日、毎日、決断に迫られ、人生を選択して生きています。

 

もし、あなたが日々の決断に気づいていないとしたら

その出来事は「習慣化」しているからかもしれません。

それは例えば、歯磨きやトイレにいくことなどです。

幼児期の歯磨き嫌いならまだしも、

歯磨きを意識して始める、ということはないと思います。

普通ならば、ご飯を食べたり、朝起きて、スッキリしたいから自然に歯磨きをするはずです。

 

トイレも同じですね(笑)

 

そうです、習慣化していることというのは

決断する必要はなく、無意識に行動しています。

 

 

しかし、生きていればそういうことばかりではないはずです。

仕事だったり、勉強、スポーツをしていれば、様々な決断に迫られます。

 

私は、カメラ転売を始めた当初は

「月収10万円を副業で稼ぐ」ということを決めました。

つまり、後戻りはできないという状況を自ら作って、行動するしかない状況に持っていったのです。

 

その様に決断した以上は、前に進む、という選択肢しかありません。

月収10万円稼がない、という道はないわけです。

 

そうやって、決断をしてしまえば、

その目標を達成するために、方法はいくらでも考えることができます。

大事なの「決める」ということです。

 

決断さえしてしまえば、そこから方法はいくらでも創りだすことができます。

まずは、決断をして、目標を定める、ということが大事です。

その後で、それを達成していく道のりを決めていきます。

 

それは、習慣化していることでは無いですし、無意識に行動していくことはできません。

日々の生活や仕事で目標を定め、それを意識して過ごすことが大事です。

 

その時に、しっかりと数値化された目標にしてください。

ですから、月収10万円稼ぐ、というのだと弱いです。

 

「3ヶ月後までに、副業で10万円稼ぐ」

「3ヶ月以内に5キロのダイエットをする」

「3年生の夏の甲子園大会で全国制覇する」

 

というような感じです。

 

そして、決めた以上は

それに向かって進んでいく道しかないわけです。

ですから、ひたすらに目標に向かって進んでいる

その状態こそが、「成功の状態」と言ってもいいです。

 

ここまで出来て、過程が大事、ということを語れます。

 

あなたもまず「決断」をして、それに向かって突き進んでいきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA