東京駅「100周年記念Suica」で大混乱が巻き起こっている。

スイカ

 

どうも、遠藤です。

 

本日12月20日、東京駅が100周年を迎えたようです。

それを記念して、JR東日本は「記念スイカ」を発売したようですが、

ちょっとした事件が起きています。

 

 

まず、駅長の判断により10時40分ごろに販売を中止してしまったようです。

理由は、混雑による混乱からです。

 

会場では、「対応しろ」「代わりのもの(Suica)を出せよ」「ちゃんと説明してください」などと怒声が上がっていたようです。

 

この記念スイカは、8時に販売開始予定だったようですが、時間を少し早めて販売を開始しました。

限定1万5000枚とあって、販売所前には前日の早朝5時から並ぶ人もいたようです。

しかし、しかし、駅構内に張られているポスターには

「前日からお並びいただくことができません」と書かれていたため、

それを守った購入希望者と駅員らがもめていると20日早朝からツイッターなどで話題になっていました。

 

そして、その記念スイカは

あの「ヤフオク」で大量に出品されています。

 

それがこちら

 

現時点でおおよそ220件。

1万5千の数が販売される予定が、おそらくその半分も売れていないと考えると

手に入れられた人は奇跡に近いようです。

 

そして、それを売ってしまう人が大勢いるという事実。

で、鉄道ファンはそれを数万円、数十万円出して買う。

 

 

JR東日本は20日午後、WEBサイトにコメントを掲載した。

販売が中止されたのは「9時40分」で、今回の記念Suicaについては

「今後発売します」と発表。詳細については「別途お知らせさせていただきます」としている。

 

 

以上、ヤフオクニュースでした。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

遠藤貴俊

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA