戻ってきた男

やっとこさ戻って参りました。カメラ転売の遠藤です。

 

 

いやー、1週間放置していたみたいですね。

放置していたわけではないんですが、そこら中飛び回って

家に帰ってきたと思ったらなんだか身体がだるくなり始め、熱が出て

病院に行ったら、インフルエンザAと診断され、ダウンしておりまして

ここまで我がブログを放っておくことになってしまいました。

 

 

そして、なんとか生きていたため戻ってきました。

 

 

激動の一週間だったわけですが、6日くらい前?

山形市内で、地元の1個年上の先輩とお酒を飲みに行きました。

私はこの先輩にお酒と料理を全部ごちそうしたくて、私からオファーをかけたんでした。

それはもうたぶん1ヶ月は前の出来事だった気がしますが、やっとこさ

2人の都合が折り合い、行けたわけです。

 

なぜ私はその先輩にご馳走したかったかというと、「副業」という概念を

大きく覆してくれたからなんです。

この方との会話が無ければ、いまの私はないと思っています。

それはなにか・・・

 

 

たぶん私が20歳の時だったと思います。ですから、いまから3年くらい前。

久しぶりにその先輩に呼ばれまして、一緒にご飯を食べたんです。

たぶん中学以来の再開だったもので、もう一人の先輩と3人で、

話はかなり盛り上がりました。

 

その先輩は普通に働いているんですが、その他に副業をしていると・・・

で、その副業での収入が本業と同じくらい、というのです。

 

私はかなりびっくりしました。単純に。

私にこれまでの「副業」ってのは、残業がないからしょうがなく

スーパーのレジ打ちのバイトをするとか、内職をやるとか

それで月に数万円。本業と合わせて20万円いけば上等。

みたいな、そんなイメージだったんです。

 

なのにその先輩は、副業で生きていけるから、本業での収入は

全部貯金に回せている、と言っていたんです。

 

私は、最高じゃん、と思いましたよ。

 

そこからです。世の中には、本業よりも副業の方が稼いじゃっている人はいる

ということを知ったのは。

 

その先輩のおかげで私の考えはひっくり返ったわけです。

先輩にそのやり方を教えてくれるように頼んだんです。

別に稼いだ分の半分を渡してもいいと思っていたんですが、教えてもらえませんでした(笑)

理由は、めんどうくさいから、だそうです(笑)

もっとも先輩らしい応えです(笑)

 

そんなこんなで、私はそのビジネスをすることはなかったんですが、

副業の概念が変わったことにより、いろんな本や電子書籍を読むようになりました。

 

そこからまた話は続いていくのですが、

そういう事で、先輩には感謝しているため、ご馳走したかったのですが・・・

 

ですが・・・・

 

 

 

後輩には金を出させるわけにはいかねー、と

1円も出させてもらえませんでしたorz

 

ごちそう様でしたm(__)m

今度は必ずごちそうさせてください。とここで宣言し、

復活ブログは終わりにします。

 

Leica Minolta

 

 

こちらは、いまだにファンが多い、ライカ ミノルタ CL です。

 

露出計が動作するか否かで、かなり値段に開きが出てきますが、

完品のキレイな商品であれば、4万円で売れていきますから、

定額出品できる財力があれば、大きく利益を取ることが可能です。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA