息の長いビジネス

深呼吸

どうも、遠藤です。

 

「息の長いビジネス」

 

インターネットの普及により、ビジネスの幅が大きく変わっています。

10代、20代で起業する人が増えているのは

インターネットのおかげ、といっても過言ではありません。

 

 

一昔前は、起業とは簡単に行かなかったように思います。

ある程度の資金を作るか、銀行から融資を受ける必要がありました。

 

私は、インターネットを用いたビジネスと出会い、会社を起こすまでに

約1年でした。

それまでは、どこのでもいる普通のサラリーマン。

その私が、このように人生を激変させることができたのは、インターネットのおかげです。

 

そうして、私がインターネットの可能性にぶち当たってから、

あと2週間ほどで、まる2年です。

 

そのきっかけをくれた事柄はたくさんありますが、その一つに

与沢翼さんとの出会いがあります。

 

何気なく見た、あるテレビ番組で与沢さんの特集が組まれていて

それを見て衝撃を受けたことが、自分でビジネスを起こすきっかけになりました。

 

その当時は、「与沢翼」で検索しても

ほとんど何も出てきませんでした。

 

しかし、いまの日本では知らない人はいないくらいです。

この2年でも、大きく世の中は変化しています。

 

常に「変化」しています。

 

人間は、その変化を嫌いますが、それに順応していくしかありません。

私も約2年間、この、インターネットを使ったビジネスというものを見てきましたが

それも大きく変化しています。

 

私が取り組んでいる「カメラ転売」の市場の中身も

少なからず変化しています。

 

よく、インターネットビジネスの業界では

・3クリックで1日5万円

・15分の作業で月収150万円

 

などといううたい文句が飛び交います。

 

あながち、ウソではないと思います。

 

しかし、勘違いしないでほしいのは

全くのゼロの人間が、いきなりそれをやって、明日に15万円が手に入る

ということは、ほぼ不可能だ、ということです。

 

ビジネス、とは仕事のことですが、

一瞬だけ、1日だけ、3ヶ月だけ、1年だけ成果を上げたところで

あまり意味はありません。

 

自分が生きていく上で、仕事というのは常に付いてくるものだと思います。

ですから、息の長いビジネスに取り組んでいく必要があると

最近は強く感じています。

 

単月で100万円の収入が上がったところで、あまり意味はなく

それが一生に繋がる、自分の人生と共に

一緒に取り組んでいくことのできるものであれば、幸福なのではないかと感じます。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

遠藤貴俊

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA