作業の効率化で、34倍楽になりました

どうも、遠藤です。

 

カメラ転売を行っていると、ひと月に約150個くらいの商品が売れます。

当然に売れたら発送をしなくてはいけません。

 

そこで伝票に送り先の住所と自分の住所を記載します。

無題

↑【伝票】

 

他にも、

・郵便番号

・名前

・電話番号

などを記載します。

 

それをいちいち手書きで行っていたのでは効率が悪いです。

 

150個をひと月に発送するとしたら1日平均では5個発送することになります。

5枚分も毎日相手の連絡先や自分のを書いていたのではそれだけで相当な時間がかかってしまいます。

 

 

そこで作業を効率化するために、自分の住所は印字した状態で郵便局に作っていただいています。

そうすることでいちいち自分の住所は書かなくて済みます。

 

送り先の相手様の連絡先に関しては毎回違います。

そちらはPCでコピー・ペーストして印刷をしてしまうのが一番効率がいでしょう。

 

 

発送方法として保証が付いているゆうパックやヤマト便などは自分の住所を印字してもらって効率化することが大事です。

 

 

しかし他には例えば、小さな小物が売れた場合、簡単な封筒に商品を入れて発送する場合もあります。

 

 

適当に100均などで購入してきた、安い封筒に入れて発送する場合です。

無題

↑この様なもの

 

 

こちらに関しても自分の連絡先をPCとプリンターを使って印刷してしまえばいいのですが、一気に100枚を印刷してもし余ってしまった場合はもったいないですよね?

 

そんなことが無いように、私はハンコを使っています。

 

 

どういう事かといいますとイメージはこんな感じです。

1

 

モザイクがかかっているところは自分の住所で、オーダーメイドで作ることができます。

 

もちろんインターネットでも注文できますしホームセンターでも注文できます。

私の場合はインターネットで注文しました。

 

価格は1,480円(送料込み)です。

こちらを、先ほどの封筒に押せば当然に自分の住所が印字されます。

 

これで1秒で住所を書くことができます!

実際に手書きでペンで書いた場合は、約34秒かかります(笑)

 

ですから34倍以上の効率化になりました!!(笑)

 

発送する個数が増えれば増えるほどにどんどんとその効率化の差は広がっていきます。

 

 

 

 

無題

 

 

私はカメラ転売を始めた当初は、右も左も分からず印字の伝票??なにそれ??という感じでした。

 

しかし毎日の作業に取り組んでいくことで効率化することがいかに大事であるかに気付き、いまに至る次第です。

 

 

ぜひ参考にされてください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA