プロ意識

どうも、遠藤です。

 

昨日は「熱いハート」というタイトルで書かせていただきましたが、

それなりに反響があり嬉しかったです。

なにをするに対しても「気持ち」というものが大きく結果を左右することは間違いないです。

どんな気持ちでその物事と向き合っているのか。

仕事でもスポーツでも何でも同じです。

 

果たしてそれは、やっているのか、やらされているのか?

本当にしたいのか、本当はどうでもいいと思っているのか。

個人のそれぞれのパワーはとても大きいものだと思います。

本気でその物事に取り組めば、ある程度の結果というものは出ます。

「家で、好きなことして、なにからも縛られず、一人で」収益を生み出せるのが

この時代です。

 

やるか、やらないか、

何度も言っていますが、本気でやるか、テキトーにやるか。

 

今日も暑苦しい内容になっていますが(笑)

私は、なにかに対して本気になっている人がとてもかっこよく見えてしまいます。

高校3年まで本格的に野球をやっていましたが、

人生で本気で打ち込んだのはこれくらいだろうな、とその当時は思っていました、

で、高卒で就職してせっせと働いていたんです。

 

「起業」なんてことは考えもしなかった。

どこかのだれか、天才の成せる業だと思っていた。

しかし、自分が起業してしまった、してしまった(笑)

 

天才の成せる業か?

違う。

おれはセンスの固まりか?

違う。

 

本気で物事に没頭した結果である。

だれでもできるかと聞かれれば、無理だ。

ここまで本気になれる人間はいない。

「おまえになんかまけねーよ!」

 

これくらいの気合いがあるなら、いける。

単発の気合いでは意味がない。

「継続」することに意味がある。

日々全力で生き抜くことに意味がある。

 

そろそろ本当に暑苦しいので、カメラ転売の中身について、、、

 

 

カメラ転売というのは非常に単純です。

本当に他のビジネスに比べれば、覚えることは少ないです。

私が会社員になった頃は覚えることがありすぎて、意味が分からなくて

頭を叩かれながらやっていたのを思い出しますが、

本当に単純です。

 

しかし、最初、経験のない頃は、やはり意味が分からないこともあります。

しかし、意味が分からなくてもとりあえずやってみて

そんで、やってみて答えが出ることがよくあります。

 

しかし、その分からない思いに直面してしまったときに

手が止まってしまうことがありますが、

それは非常にもったいないし、私から言わせると

時間の無駄です、

 

販売個数が30個にも満たないのに

あーだこーだ考えても答えが出る訳はないんです。

とにかく数をこなしていくことによって身に付くものが多々あります。

 

また販売してみてつかめる相場観など

これは売ってみて身になるものですから、

とにかく最初は数をこなしていきましょう!

 

Nikon

 

 

昔の商品シリーズ、第三回目!

はい出ました!暗い!(笑)

 

暗いのは前回で説明させていただいたんですが

今回はそれと一緒に、収まりきれていない!

 

レンズの下と上が切れてしまっていますが、これでは買う側も不安になってしまいますね。

これも買う側の身になってみれば分かると思います。

大きくとれているだけいいのか…

商品写真を撮るときに、どうしても商品が離れてしまっていて

小さく写ってしまっているのも見かけます。

 

どちらかというと、あっちのがいけないのかもしれないですが、

いずれにしても商品写真はとても重要になってきますから

しっかり撮りましょう!

撮るプロにもならなくてはいけません。

 

プロ意識。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA