ズバリ!インターネットを使ったビジネスで稼いでいく手順をお教えします。

赤

 

どうも、遠藤です。

 

普段一緒に野球をやっている仲間と今日連絡を取っていました。

彼は本業をしながらバイトに励んでいます。

非常に意欲があって誠実な青年です。

野球も上手くて、特にバッティングは見習いたいものです。

さらに強肩です。遠投は軽く300メートルは超えます。

 

 

そんな彼から、去年の暮れくらいに連絡を頂きました、インターネットの可能性に興味があるということでした。

私は彼が多忙なことは知っていましたので、まずはどれくらい1日に時間を取れるか、

ということを聞きました。

 

大体1~2時間くらい、という回答が返ってきたのですが、

私は、それではちょっと厳しいなー、という返答をしました。

大体私は、副業で始めたころはなんとか5時間くらい確保するようにしていました。

 

もちろん、1日に1~2時間くらいの作業で結果を出すことは可能であるとは思いますが、

可能性は低いと思います。

「1日30分の作業で月収30万円~♪」とかっていうのがあったりしますが

あながちウソではないのかも分かりませんが、

後々そういう未来が待っていますよ~♪という話で

最初からそうはいかない気がします。

 

ですから彼には、1日に5時間くらいの時間を確保できるか?ということを聞きました。

そうしたら彼は、考え甘かったっかわー、と言っていました。

 

私は「とりあえず、インターネットを使ったビジネスについてまず勉強してみたら?」

ということを伝えて、その日は終わりました。

 

 

で、今日です。

やってるか~?と連絡を入れたところ

 

いま勉強中だけど、なにがいいのかよく分からないー

ということだったので、私は答えました。

 

インターネットを使ったビジネスには、大きく分けると

大体この4種類になります。

 

1、物販、転売、オークション系

2、アフィリエイト系

3、情報発信系

4、マッチング系

 

なので、この4つからとりあえず1つを選んで

それをとことん突き詰めていくのがいいかと思います。

 

ちなみに、一番結果が出しやすい

と言われているのが、1、物販、転売、オークション系です。

いまでは名をはせている方々の多くもここから取り組んでいったようです。

ということで、一番入りやすい分野であることは間違いないでしょう。

 

そこで、です。ここからなんですが、

基本的に人間はリスクを嫌います。危険からは逃れようとします。

物販や転売に取り組むとして、ここでいきなり

「なにかを仕入れて、売る」ということを始める必要はありません。

 

仕入れる、ということは自分の資金を減らして購入し

その値段よりも高く販売しなければいけません。

もしも、それが安く売れていってしまった場合「赤字」になってしまします。

 

赤字は損失です。損失とはリスクです。

最初に取り組む場合、このリスクを極限まで減らして

自分の資金がなくなっていかない方法でビジネスを始めればいいのです。

 

そんな方法があるのか?

あります。

 

それは「不要になった身の回りのものを売る」ということです。

なんだそんなことかよ、と思うかもしれないですがかなり大事なことですし、

これも1つのビジネスです。

 

はっきり言うと、こんなこともできないのに、「仕入れて売る」なんてことは出来っこありません。

実際に私も最初はここからスタートしています。

 

まずは10万円くらいでPCを買って、

次に不要品を売って、10万円くらいにはなったので、PC代は回収しました。

ですから、ここまででの資金面のリスクは0です。

 

唯一リスクがあったといえば、これに取り組んで「時間」を使ったということです。

ただし、これは人間全員に平等にあるリスクなので、とりあえずOK。

 

次です、身の回りのものを販売して整理整頓ができてお金も稼げました。

あ、ちなみに私の別の友人は、この不要品販売で45万円くらいの資金を手にして

それを元手にビジネスを展開していっている方もいます。

ですから、がんばって探せば10万円くらいはいけると思います。たぶん。

 

で、次です。(2回目)

ここでまだ、「仕入れて売る」ということをしないでください。

もう一段階ステップがあります。

 

ステップ2

友人、知人の不要品を売ってあげる、です。

もちろんこれも「ビジネス」です。

 

自分には、物を販売できる力があるが、物を持っていない。

友人は、物を販売できる力がないが、不要品はたくさん持っている。

 

はい、これでビジネスが成り立ちます。

むしろこれでしか成り立ちません、法則的に。

 

例えば、1万円で売れる魚を友人から預かってきて

代わりに販売してあげる、売れたら、5千円と5千円でもいいですし

7千円と3千円でもいいですし、分けます。

ここのやり取りもビジネスです。全部ビジネスです。

 

こういう感じで、自分のビジネスレベルを上げていきます。

友人は、自分が不要だったものが家から無くなって、代わりにお金になって返ってきたら

喜びます。

 

そういう感じで、

 

ステップ1の不要品を徹底的に売り切ること

ステップ2の友人の不要品を徹底的に売り切ること

をやり終えてから、最初に話した

1、物販、転売、オークション系、に取り組んでいけばいいと思います。

 

ここまではリスク0です。自分の資金は1円も減っていないからです。

 

個々の段階まで来て初めて、お店に仕入れに行くとか

業者さんなどから仕入れる、ということをやっていけばいいと思います。

 

この2ステップを飛ばしたら絶対に稼げない訳ではないですが

より、稼げる確率は上がります。

 

 

非常にシンプルだったかと思います。

案外、自分の身近なところにビジネスは転がっているものですね。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

遠藤貴俊

 

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA