カメラ転売を始めてまず始めにやること

こんばんは、遠藤です。

 

 

最近、カメラ転売に興味を持っていただいた方に問い合わせをいただき

 

実際に私がコンサルティングとしてご指導させて頂いている方も何名かいらっしゃいます。

 

もちろん、私の事を信じて、賭けてきて下さった方には全力で指導させていただいております。

 

 

指導の中で一番最初に重点的に指導させていただいていることは、数をたくさん売ってほしいということです。

始めは、これを口うるさく言っています。

 

具体的には、カメラ、レンズを80個販売して欲しいです。

 

これを聞いて、「おいおい、おれは利益が欲しいんだ!」と思うかもしれません。

 

もちろん私も、利益が欲しくて、稼ぎたくて始めたカメラ転売ですが、この様に最初にご指導いただきました。

 

 

なぜ最初は数をたくさん売らなければいけないのか?

 

これには、いくつか理由があります。

 

 

まずは、「経験を積む」ということです。

 

私も、カメラ、レンズなど全く分からない状態で始めました。

 

ですから、とりあえず買って売ってみなければ何がなんだかわかりません。

 

でも、それで赤字になってしまってはしょうがないですから、

 

まずは、トントンでいいから仕入れて売る。

 

 

マイナス1,000円くらいならまあいいかと、積極的に仕入れて売っていました。

 

そうすることによって経験が付きます。

 

なんでもそうですが、経験とは非常に大きな財産になります。

 

こういう商品は高く売れる。これは財産。

 

こういう商品写真では、なかなか値段が上がってくれなくて、赤字になってしまった。これも財産。

 

 

数を売ることによって経験をたくさん積める。これが一つメリットです。

 

 

2つ目は、「仕入れることに対しての壁がなくなる」ということです。

 

 

もちろん、商品を仕入れて販売する物販業ですから、商品を仕入れないことには何も始まりません。

 

 

ですが、カメラ、レンズなど全く知らない、最初なので赤字になったらどうしよう、

 

という不安が付きまといます。

 

 

しかしそんな中で、まずはたくさん数を売ろう、ということがあると

 

利益を出さなければ、と思っている時よりも大分スムーズに仕入れが出来るようになります。

 

 

自分ではトントンくらいで売れるだろうと思って買った商品が、意外に3,000円くらいの利益が出たりすることもあるわけです。

 

 

大きく考えて、この2つが数を売る、トントンでいいから80個売らなければならない理由です。

 

 

そうして80個売り切ったころには、いくつかの黒字が出ているんです。

 

それだけ個数を販売出来るようになっていれば、必然と利益が出ている様になっています。

 

 

そういうカラクリなんですね。

 

 

そうしたらいよいよ、大きく利益を出すこと、大きく稼いでいくことに重点を置いていけばいいわけです。

 

もちろんコンサル生には、80個販売するまでも、それ以降もしっかりと指導させていただいていますから

 

変な道にそれていくこともありません。

 

とにかくたくさん経験を積むことが、後々大きく稼いでいくための最短最速の道です。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA