カメラ転売は地方は不利・・・?

地方

 

どうも、遠藤です。

 

私がカメラ転売に参入したのは2013年3月でした。

そのころには、カメラ転売で実績を上げている方は多くいました。

東京や大阪などで実践している人たちです。

 

 

しかし、私の住んでいる山形の様な地方で稼いでいる人がいる

というのは聞いたことはありませんでした。

 

こう聞いてしまうと、「大都市でしか稼ぐことしかできないのではないか?」と思ってしまいがちです。

実際にカメラ転売は、実店舗に仕入れに行ったりもしますので、そもそもカメラ屋さんが近くになくてははじまりません。

都会であれば、周りにカメラ屋さんはたくさんありますが、

私がカメラ転売をスタートして、ちかくの店を調べたところ

仕入れができる様な、商品がたくさん並んでいる店舗は1店舗のみでした。

 

しかも私の家から車で片道1時間45分。距離は75キロです。片道です。

普通に考えて、不利な状態だと思います。

 

しかし、これは「チャンス」であると私は考えました。

この様な不利な状態で結果を出す。

近くにカメラ屋さんがなくても、カメラ転売で稼げることを証明すれば、

日本全国にいる人全員が稼げることになる。と思ったからです。

 

ですから、私が結果を出すことで他の人たちにも希望を与えられる、と思いました。

そういう思いで取り組んだ結果、おかげさまで結果を出すことができました。

 

環境のせいにして、その夢を断念してしまうことは簡単です。

あきらめることは誰にでもできます。

 

しかし、自分の納得いくまで続けること、そして結果を出して示すこと、精一杯がんばること。

その過程が重要であると思いました。

 

自分がなにか不利な状況に立たされているとき、それはピンチであるかもしれないが

見方を変えれば、逆にチャンスであるということ。

それをプラスの意識に変えて行動できる、というスキルは今後を大きく左右するものだと確信しました。

 

 

 

コンデジ

 

 

 

初心者には、単価の安いコンパクトデジタルカメラ(略してコンデジ)は向いているんじゃないですか?という質問を多くいただきます。

おっしゃる通りです。

一眼レフのレンズやボディでも単価の安い商品はたくさんありますが、たしかに

コンデジは全体的に安いため、取り扱いやすいです。

 

しかも、コンデジであればほとんどの人が一度は触れたことがあると思いますので

扱いやすいです。

 

しかし、もちろん逆の発想もあります。

みんなが扱いやすいと思っているものには、人が群がります。

反対に扱いにくければ、ライバルは少なくなりますから

自分が利益を独占できることに繋がっていきます。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA