カメラ転売の実際の返品率と商品仕入れの価格帯を大公開!!

どうも、遠藤です。

 

今回はカメラ転売のデータに関してお話していきます。

network-cables-494649_960_720

 

カメラ転売で月商600万円!!

カメラ転売で月収100万円!!

 

ということは、グーグルで検索すればたくさん出てきます。

しかし、カメラ転売をもっと気になっている方というのは、

もっとより詳細なデータが見たいと思っているはずです。

 

そこで、自分のカメラ転売のデータをまとめてみましたので、

少し紹介します。

 

 

私が、「ある期間」で集計したデータになります。

おおよそ1年間のデータです。

 

・合計販売個数=1,073個

 

・平均月商=2,266,498円

 

こちらは平均です。

最高月商は3,750,169円で、

最低月商は128,130円というものがあります(笑)

 

この最低の数字というのは、

突然カメラが売れなくなってしまったわけではなく、

カメラ転売を中断していたためです。

 

 

こちら2つの数字を出しましたが、これから出す数字は

公開している人はなかなかいないのではないか?

と思われる数字です。

 

ではいきます。

truck-1042600_960_720

・返品数=52個

・返品率=4.85%

 

返品とは、

 

商品を販売したけども、商品に不具合があったり、

その商品を気に入っていただけなくて

商品が私のところに返ってきたことを言います。

 

もちろん、せっかく販売した商品が返ってくることは残念です。

できれば0%にしたいところなのですが、

やはりそれは簡単にはいきません。

 

 

しかし、返品率4.85%という数字は非常に低い数字ですし、

1,073個もの商品を販売して、

52個の返品があったというのは「しょうがない」

といってもいいと思います。

 

おおよそ20個に1つの返品、という計算になります。

物販ビジネスを行っている以上、

0にするには難しい数字ではあると思います。

 

 

返品の対応というものを誠実に行っていくことによって、

よりお客様からの信頼が増しますし、

デメリットでだけでなく、メリットも多くあります。

 

 

次の数字です。

 

1073個の商品を販売していくためには、当然にそれと同じか、

それ以上の商品を仕入れている、ということになります。

 

その商品の仕入れ値を分けて、パーセンテージで数字化しました。

owl-947768_960_720

分けた金額は、

1~5,000

5,001~10,000

10,001~15,000

15,001~30,000

30,001~50,000

50,001~100,000

100,001~

 

という感じです。

 

では、結果は・・・?

 

1円~5,000=42.87%

という結果になりました。

 

カメラ転売で主に扱う、カメラやレンズというものは

単価が高い

 

と思われている方が多い印象を受けますが、

決してそうではない、ということが証明できました。

 

ブックオフせどりのように、仕入れ値100円

というようにはなかなかいきませんが、

5,000円以内の商品を買って、

それを販売して、3,000円以上の利益を得ることも頻繁にあります。

 

私が記憶しているものでは、

500円で仕入れた商品が9,800円で売れたこともあります。

 

この数字から、

カメラ転売の参入障壁は以外にも低いことが分かっていただけると思います。

 

 

他の数字に関しては、また別の機会に公開します。

goodbye-705165_960_720

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA