アウトプットの深い意味

どうも、遠藤です。

 

 

今回は、インプットとアウトプットについて話していきます。

 

まずその2つの意味は、

 

インプット…学習したり吸収して、知識や考えを自分に取り入れること

 

アウトプット…学習したものを行動に移すこと。

 

自分なりの解釈を言葉に表してみましたが、大体合っていると思います。

 

カメラ転売、ネットビジネスに限らずこの2つは非常に重要ですし、この2つで物事のほとんどが成り立っていると言っても

過言ではないくらいです。

 

そしてこのどちらも非常に重要です。

 

 

しかし、どちらかというと私は、「アウトプット」に重きを置いた方がいいと思っています。

 

 

そこで今回は、アウトプットの重要性について話していきます。

 

私がネットビジネスというものに出会った頃の話になりますが、

ネットビジネスというものに関して全くの無知でした。

 

世の中には、自宅でパソコンをカチカチしてご飯を食べている人もいる、

ということはなんとなく耳に入ってはいましたが、それがどんなものなのか、

ネットビジネスという言葉自体聞いたことがありませんでしたし、パソコンも所有していなかった時代がありました。

 

 

つい、1年前です。

 

 

で、なにも知識が無いわけですから、なにをしたらいいのか分かりません。

 

何が分かっていないのかも分かりません。そんな状態です。

本当になにもわからない状態。

 

 

例えば、分からないことは調べればいいんですが、直接聞いたらもっと早く理解できます。

 

もちろん、調べるのも聞くのもどちらでもいいんですが、まずネットビジネスというものを知ります。

 

 

そんな中で、カメラ転売というものに行きついたわけです。私の場合。

 

 

カメラ転売で稼いでいくためには、もちろんある程度の知識は必要です。

 

もちろんその「知識」は、カメラ転売で稼いでいこうと思ったときは、ゼロで問題ありません。

 

 

というか、最初はみんなゼロです。

 

 

それについてしっかりと学んでいけば問題ないし、その学ぶ量は

とてつもなく大きな量ではありません。

 

 

私は、教材を読んだり、YouTubeを見たり、メルマガを読んだりして

カメラ転売について学びました。

 

 

そして、ある程度の知識を蓄えていきました。

 

 

ここまでは、大体の人がいきます。

 

大事なのはここから先です。

 

 

私が「したいこと」は、カメラ転売で稼ぐ、ことであり

カメラ転売を知ることではありません。

 

 

ですから、カメラ転売での稼ぎ方を知ったところで私のはほとんど意味がありませんでした。

 

なぜか、それは「稼ぐ」ために学び始めたからです。

 

 

学んでいるばかりでは当たり前ですが、稼げません。

 

稼ぐには、実行しなければなりません。

 

ここでようやく、アウトプットがはじまります。

 

 

人間、学び過ぎると

いろんな情報がたくさん入ってきて、混乱し硬直してしまうことがあります。

 

ですから、ある程度の知識を得たら行動してみる、やってみることが非常に重要です。

 

 

やってみなければ分からない、ことはたくさんあります。

 

インプット→アウトプット→失敗

 

インプット→アウトプット→成功

 

これを繰り返していくことが前進していくことになります。

 

 

 

行動に移すというのはとてもしんどい作業です。非常にパワーがいります。

わかります。

 

 

しかし、現状の自分から脱却するには行動するしかないと思っています。

 

 

なんでもいいです、小さなことでいいですから、行動に移すことを意識してみてください。

 

 

 

 

Nikonレンズ

 

ニコンのマニュアルレンズです。

 

現在は生産されていませんから、希少品です。

状態の良いものであれば、尚更コアなファンが欲しがります。

 

こちらは、実際に店舗に足を運んで仕入れてきたものです。

 

仕入れ値13,000円→売り値26,000円=利益11,000円弱でした。

 

 

この様に、どこにでもあるカメラ屋さんにこの様な商品は置いてあります。

 

しかもこの商品は出品してからわずか33分で売れてしまいました。

 

ちょっと商品写真が暗いのが反省点です。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA