もっとリアルな数字を暴露しました。

集荷

 

どうも、遠藤です。

 

カメラ転売は完全に在宅のみで行っていくことができます。

では、やるべきことを順を追って説明します。

1.インターネットを使ってPCに向かって仕入れ。

2.仕入れた商品代金をネットバンクで支払う。

3.自宅に配送業者から配送されてくるので、それを出品。

4.売れたら箱に入れて配送。電話一本で配送業者さんが取りに来てくれます。

はい、完全在宅です。1歩も家から出ていません。

ですから、副業でももちろん、空いた時間を利用して行っていくことができます。

わざわざ店舗に買い付けに行かなくても、完全にネット仕入れのみで

月収50万円80万円というのは可能です。

実際に私も今月はまだ2週間ちょっとしか経過していませんが、30万円の粗利益を超えています。

 

実は、一時カメラ転売を中断していたんですが、

9月の23日?頃から再開しました。

それでこの収益の伸びようですから、カメラ転売の即金性は恐ろしいです。

 

さらに、時期的に秋ですので、これから紅葉が本格的に始まっていきます。

また子どもさんの運動会なども重なるせいか、カメラの需要が上がっていきます。

最近知ったのですが、カメラの需要が1年で一番低いのは夏ごろだそうです。

それでも普通に売れていたので、あまり気にしていなかったのですが、

これからは、よりチャンスだということです。

 

ということで、昨日も若干名の募集をかけましたが

数名の方に「カメラ転売に興味があるから教えてほしい」という声を頂きました。

同じように考えている方がいましたら、参加できるように枠を開けましたので

私に直接問い合わせいただければと思います。

 

フード

 

 

この商品は、カメラでもレンズでもありません。

こちらは「フード」と呼ばれるものです。

 

フードとは光の余計な映り込みを防ぐためのものです。

また、レンズを衝撃から守ってくれる役割も果たしています。

 

で、もちろんこのフードのみでも商品になりますし、売れてしまうのです。

こちらの商品は1万円で購入いただきました。

カメラを全く知らない方であれば「なぜこんな丸いだけのものが・・・」と思われるかもしれません。

しかし、それくらいの値段が付いてしまいます。

 

こちらは、メタルフードといって、鉄?で作られています。

現代、一般に販売されているものは基本的にプラスチックです。

しかし、こちらのメタルフードは何年も前の商品なので、そういう作りになっています。

 

さらに、現在ではもう生産されていないため、

いま世に出回っているだけになります。

ですから、希少価値も生まれて、それほどの値段が付くことに繋がってきます。

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA