おすすめの外付けHDDと使い方

どうも、遠藤です。

 

今回は、おすすめの外付けHDDと使い方の動画講義です。

是非、下記の動画を参考にしてください。

 

遠藤が使っている外付けHDDはHDCA-U2.0CK

私が使っているこちらは、現在は生産終了していますが

後継機種はHDCL-UT2.0KCというものです。

 

外付けHDDとは、TVやレコーダーの録画番組を保存するため、

またはPCのデータを保存するための製品です。

 

同じくデータを保存するための製品としてUSBメモリーやポータブルHDDや

DVD・ブルーレイなどがありますが、

外付けHDDは一般的に大容量のデータを保存することに適しています。

 

日々PCを使っているのであれば、この外付けHDDを購入してください。

 

PCを使っていく中で、様々なデータやファイルを保存したり、

自分で作成していったりすることが多々あると思います。

 

そちらをPCの中に保存していると思いますが、

それをこまめに外付けHDDにも整理して保存するようにしましょう。

 

理由としては、

PCのデータが壊れてしまった時に、外付けHDDに前もって保存しておけば

またデータを復旧させることが可能だからです。

私はまだ、PCのデータが壊れてしまうという経験をしたことがないですが、

私の知り合いには実際におります。

 

また、そういった時のためにデータを保存しておく外付けHDD自体もデータが壊れてしまって、外付けHDD自体使えなくなる、ということもあります。

私の友人ではいままでに、

2つの外付けHDDが壊れてしまったことがある、と聞きました。

surprised-1184889_960_720

 

なんだか本末転倒な話ですが、

精密機器なのでそういったトラブルもありますから、

保険にも保険をかけておく必要があるようです。

 

 

まずは、1つも外付けHDDを持っていない方であれば、

いますぐに外付けHDDを購入して、データの整理整頓をし、

データを外付けHDDにコピーをしましょう。

 

 

データが壊れてしまうかもしれない、という理由以外にも

動画ファイルをPCにたくさん保存していくと、

PCの動作が遅くなったり、そもそもファイルがいっぱいになり、

これ以上保存できないという自体になったりします。

 

そういう事にならないためにも、外付けHDDは必要不可欠です。

 

またPCを買い換えるときや、PCを初期化する場合にも、

一旦外付けHDDにデータを預けて、

初期化後に外付けHDDからPCにデータを移し替える際にも必要になります。

 

 

ですから私のように、

PCを購入すると同時に一緒に外付けHDDも購入しましょう。

 

 

外付けHDDの容量は2TBくらいものを用意しましょう。

使い方にもよりますが、

私の場合はまだまだデータを入れるに余裕があります。

 

 

外付けHDDはPCを使う人にとっては必需品です。

まだ購入されていない場合はすぐに購入して、

早速大事なデータを移しておきましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA