いまだ!いまが人生の・・・

チャンス

どうも、遠藤です。

 

チャンスとピンチ】という言葉があります。

人生でそういう場面に遭遇したことがあると思います。

私も何度もあります。

 

 

野球に例えれば、

 

自分のチームが攻撃をしていて、場面は2アウトランナー3塁にいる状況だと仮定します。

バッターボックスには自分が入っています。

 

もちろん、ヒットを打てば自分のチームには点数が1点入ります。

しかし、自分がアウトになってしまえば、当然点には結びつかずに、3アウトチェンジになって

相手の攻撃に移ってしまうわけです。

 

 

事実は、

自分にチャンスが来ている場面です。

たとえ打てなくても、相手チームに1点が入ったりすることはありませんから、

事実はチャンス。

 

 

しかし、この場面で「自分がピンチ」になってしまっているバッターをたまに見かけます。

事実はチャンスなのに、そのバッターの「現実」ではピンチ!

現実とはつまり、そのバッターの解釈の問題です。

 

その、事実はチャンスなのに、バッターの現実はピンチになってしまっている心理状況は

きっとこうでしょう。

 

 

「打てなかったらどうしよう」

「おれのせいで負けてしまったらどうしよう」

「ここで打てなかったら、次の試合は出してもらえないかもしれない」

 

こんな感じです。

 

誰がどう見てもチャンスの場面なのに、明らかにこんな雰囲気が出てしまっているバッターは実際にいます。

 

これは、チャンスなのに、自分の解釈のせいで勝手にピンチにしてしまっている

といえます。

 

 

 

もちろん、この反対もありえます。

 

 

今度は、自分が守備側のチームの場面です。

自分はピッチャーで、さっきの場面で投手交代でマウンドに上がっていったと仮定します。

 

状況は同じ、2アウトランナー3塁にいる状況。

今度は、誰がどう見ても、ピンチの場面で登板してきたピッチャー、です。

事実は、ピンチ、です。

 

例え目の前のバッターを抑えたとしても、自分のチームに点数が入るわけではありません。

逆に、ヒットを打たれてしまえば点数が敵チームに入ってしまいます。

ですから、この状況は誰がどう見てもピンチ、です。

 

 

 

しかし、ピッチャーの心理状況はどうでしょう?

 

絶対にこの場面でバッターを抑えて、チャンスを掴んでやる

おれの最高の投球を見せる絶好の場面だ

 

こんな風に思っています。

事実はピンチなのに、自分の解釈でチャンスに変えてしまい

ピンチの時にこそメラメラと闘志を燃やすピッチャーもいます。

 

 

 

これは人生に例えても一緒です。

 

人生においてのピンチの場面、チャンスの場面というのは

これからも必ず、何度も何度も訪れます。

 

しかし、いま例を挙げたようにそれは裏表で、

事実はチャンス、事実はピンチでも

自分の肯定的な解釈、判断、決断によって結果は大きく変わってきます。

せっかくなら、生きていることすらチャンス!と勝手に解釈をして

それを全てものにしていきたいものです。

 

お読みいただきありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA