あのころの情熱はどこへやら、、、

こんにちは、カメラ起業家の遠藤貴俊です。

 

 

最近、YouTubeの動画、音声をたくさんアップさせていただいておりますので、是非そちらを

 

見て、聞いていただいて学んでいただければと思います。

 

非常に大事なことを話していますし、私がパソコンすら持っていなかった時代から

なぜここまで来れたのか、そういうことまですべて話しています。

 

 

人は、自分よりも結果を出している人を見ると、すごい人、雲の上の存在のように感じてしまうものです。

その気持ちはすごく分かります。

しかし、相手も自分と同じ人間です。

もし、この文章をイルカが読んでいるならば話は別なのですが、

 

同じ人間なのです。

そして、突出した才能、離れ業、そういうものを持ち合わせている、天才と呼ばれるような人は

何十万、何百万人に一人です。

 

そして、そういう人たちがすごい結果を出しているわけではなく、

各々が、それに対して努力、あるいは没頭した結果、そのような成果を上げられているのです。

 

 

ですから、これを読んでいるあなたも、それぞれの結果を出すことは可能です。

 

『楽々簡単片手間で月収30万円』なんて言葉をよく耳にしますが、

 

延々、鼻をほじっていては絶対に不可能です。

だからと言って、楽々30万円も嘘ではありません。

 

後々そういう世界は待っているが、最初は努力が必要である。ということです。

 

その努力、というものが、人間なかなかできません。

大人になるとなおさらできなくなってくるのだと思います。

 

それはなぜでしょうか?

 

思い返してみてほしいのは、学生時代、勉強の成績を友達と競ったり

部活動で友達よりもいい結果を出すために、隠れて練習したりした経験があると思います。

そんな学生時代の努力を、たとえばネットビジネスやカメラ転売に当てはめれば、

 

結果を出すことは十分に可能です。

そしてやはり、結果を出している人の共通点はたくさんありますが、

その一つに『情熱』というものがあります。

 

この情熱を持ち合わせて行動すれば、結果は出ます。

それを証明している人はたくさんいますし、そういう人は、またどんどん伸びていきます。

 

もう一度学生時代の気持ちを思い返してみてほしいんですね。

制服を着て友達とやんちゃしていたこと、、、

 

あの時は若かった、、、、

 

じゃないんです。

人生で一番自分が若いときは『いま』です。

その『いま』を全力で生きること、生き抜くことが未来に繋がっていきます。

 

 

書いていて自分も熱くなってきたところで、私のユーチューブチャンネルを紹介して終わりにします(笑)

 

https://www.youtube.com/channel/UCkmKcNIhV4qQpt-ejGaF41w

 

 

もちろんカメラ転売以外についてもたくさんお話しさせていただいていますから、見ていただければと思います。

 

 

1.2 レンズ

 

 

 

こちら、マニュアルレンズです。

 

といわれても分からない方も多いと思いますので、簡単にイメージしていただくに

古いレンズ、ですね。

 

現在は『AF』つまり、オートフォーカスのレンズが主流なのですが、昔はそのAF機能がなかったために、

ピントを合わせるのは、全部手動で行っていました。

 

そのマニュアルレンズですが、やはり古いこともあって

現在の値段はかなり落ちてしまっています。

 

しかしそんな中で、画像を貼りましたように、F1.2のレンズは

まだまだ価値が高く、値段も高いです。

画像では1;1.2という表記になっているものです。

 

これは何かというと、明るいレンズです。

レンズが大きくて、光をたくさん取り込むことができるんですね。

 

こちらの、F1.2のレンズは、マニュアルレンズでも数万円する物はたくさんありますから、

その差額分で安く仕入れることができれば、当然利益を出せるようになっていきます。

 

是非、参考にしてみてください。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

endo-blog-banner_02

コメントを残す




CAPTCHA